• Home
  • Archive by category "効果の出る活用法"

のぼりの素材はいろいろ

のぼりの素材は用途によって、いろいろと
使い分けることができます。

のぼりの中でよく使われているのはポンジという
繊素材です。しなやかでインクの裏抜けのよい
薄手の生地です。

裏抜けが良い

金巾という素材は、薄手のコットン生地で
和の風合いを演出してくれます。

射光スエードはカーテンなどでも使用され、
遮光シートが挟み込んであるために
両面印刷が可能になっております。

トロピカルはポンジをやや厚くして、白生地に
光沢感があります。

トロマットはトロピカルをさらに厚くしたもので、
トロピカルと比較するとコシがあり
しっかりとしています。

トロマット

超撥水UVカットツイルは紫外線を通さない生地で、
色あせがしにくいという特徴があります。

天竺木綿は和のイメージを出したいときに、カツラギは
綿の厚くて丈夫な綾織生地で生地がしっかりしているので
大型のものにむいております。

それぞれの特徴を生かして
のぼりに活用することができます。

のぼり旗で整骨院を探す

どこかへ行く時に、とても有名なお店などであれば
どれほど分かりづらい場所にあっても、道端で人に聞くことで
何とか場所を見つける事も出来ますが、そうでない場合には
難しいという事があるものです。

例えば口コミサイトなどで見つけた腕の良い整骨院に
行こうと思っていても、地元であまり知られていない
ものだとすれば、道で出会った人に尋ねても
分からないという事になってしまいます。

道に迷う

しかしのぼりなどがあれば、遠くからでも見つける事が
出来るので、道に迷う事もありません。

分かれ道などの時にも、のぼりは目立つ為に
間違う事無くたどり着けます。

のぼりの効果というのは思っているよりも絶大なものであり、
単なる看板などの色を変に目立つ色に変えたりするような事よりも効果があるのです。

たどり着く

のぼり旗に印刷された図柄

のぼり旗というものはそのほとんどの場合
不特定多数の人々を惹きつけるための
ものですから、とにかく目立つものに
なっていなければなりません。

大勢を惹きつける

このためには、その図柄の印刷も
そのことを強く意識して、とにかく
目立つのぼり旗になるような、人目を引く
図柄とデザイン、色彩になっている
ものにする必要があるわけです。

ポスターなどではなく、旗である場合には
普通、紙ではなく布地に印刷することに
なるわけですが、この布地も、今では
雨などにも強いビニール布のようなものがあって、
のぼり旗や横断幕といったものは、ほとんどが
この雨にも強いビニール布によるものとなっています。

雨に強い素材

このために、ビニール布に印刷されている図柄は、
雨に濡れても滲んでしまうというようなことは
ありません。

こののぼり旗がよく見かけられるのは、コンビニの
店頭やガソリンスタンドなどですが、こうしたところは
不特定多数の人々を相手にするビジネスなので、
人目を引くために、こののぼり旗が多用されているのです。