• Home
  • タグ: のぼり

のぼりの洗濯のしかた

まず、のぼりを洗濯しようと思った場合は、
他のものと一緒に洗ってはいけません。

洗濯方法

当然のことですが、のぼりを他のものと一緒に洗ってしまうと
生地と生地が擦れて痛んでしまったり、他のものへ
色移りしてしまうからです。

いざ洗濯するときに使う洗剤の種類は、
一般の家庭用の洗剤で洗ってはいけません。
一般家庭用の洗剤は、弱アルカリ性のものが
ほとんどだからです。

アルカリ性の洗剤は汚れがよく落ちるのですが、
必要以上の洗浄は生地に大きなダメージを
与えてしまいます。

従って、のぼりを洗う際に使用する洗剤は
中性洗剤が好ましいです。

また、洗濯する前に汚れのひどい部分は、
あらかじめ手洗いで軽く擦って汚れを落としておくと
手洗いをしない場合よりも、仕上がりがきれいに見えます。

汚れを落とす

のぼりの素材はいろいろ

のぼりの素材は用途によって、いろいろと
使い分けることができます。

のぼりの中でよく使われているのはポンジという
繊素材です。しなやかでインクの裏抜けのよい
薄手の生地です。

裏抜けが良い

金巾という素材は、薄手のコットン生地で
和の風合いを演出してくれます。

射光スエードはカーテンなどでも使用され、
遮光シートが挟み込んであるために
両面印刷が可能になっております。

トロピカルはポンジをやや厚くして、白生地に
光沢感があります。

トロマットはトロピカルをさらに厚くしたもので、
トロピカルと比較するとコシがあり
しっかりとしています。

トロマット

超撥水UVカットツイルは紫外線を通さない生地で、
色あせがしにくいという特徴があります。

天竺木綿は和のイメージを出したいときに、カツラギは
綿の厚くて丈夫な綾織生地で生地がしっかりしているので
大型のものにむいております。

それぞれの特徴を生かして
のぼりに活用することができます。

のぼりの立て方と見た目

のぼりはお客を引き寄せるために大切なものです。
とにかく目立つような立て方にすることが
のぼりを生かすためにとても大切です。

まずは、のぼりはいろいろなタイプのものを
作ることができますが、ばらばらに違う種類の
のぼりを立てるよりも、同じのぼりを立てるほうが
統一感があり、見栄えもとてもよくなります。

見栄えが良い

のぼりの種類が違ったとしても、色を統一する
ことによって、統一感の中にもバリエーションを
豊かにすることができるので、お勧めです。

おなじデザインで色違いの組み合わせをすると、
華やかな雰囲気を演出することができます。

華やかな雰囲気

色の組み合わせによっても見た目もかなり
変わってきます。

キャンペーン中などは、違う色のものを
立てることによって、注目を集めることができます。

のぼり旗で整骨院を探す

どこかへ行く時に、とても有名なお店などであれば
どれほど分かりづらい場所にあっても、道端で人に聞くことで
何とか場所を見つける事も出来ますが、そうでない場合には
難しいという事があるものです。

例えば口コミサイトなどで見つけた腕の良い整骨院に
行こうと思っていても、地元であまり知られていない
ものだとすれば、道で出会った人に尋ねても
分からないという事になってしまいます。

道に迷う

しかしのぼりなどがあれば、遠くからでも見つける事が
出来るので、道に迷う事もありません。

分かれ道などの時にも、のぼりは目立つ為に
間違う事無くたどり着けます。

のぼりの効果というのは思っているよりも絶大なものであり、
単なる看板などの色を変に目立つ色に変えたりするような事よりも効果があるのです。

たどり着く

施設の建設予定地に施設案内ののぼりを立てる

空地などの工事が始まると、ここに何の施設ができるのだろう?
と知りたかったり、楽しみにしている人が多く、
興味を持ってみている人がたくさんいます。

工事が始まる前や工事中の建設予定地に施設案内を
書いたのぼりを立てると、何が出来上がるのかが分かり、
立つまでの工程に興味を持つ人もいます。

工事中の案内

出来上がりを楽しみする間に、施設案内ののぼりを
読んでいると施設への興味が高まったり、ここに
何ができるかが話題になったりすることも多く
効果的です。

のぼりがあることで、通るたびに
施設のことを考え、何度も繰り返すので
頭にインプットされ、出来上がった時に
行ってみたい、行ってみようという
気持ちにさせる効果もあります。

楽しみ

のぼりには、施設の名前や概要はもちろんですが、
出来上がりの時期や、注目してほしい商品やサービス、
店舗の名前などいろいろな情報を書くことで、通りかかる人たちに
広く伝えることができるので、アピール力があり、おすすめです。

商店街の100円市をのぼりでアピール

近年、昔ながらの商店街などは姿を消して、
閑散とした雰囲気の漂うエリアがあります。

その原因は一概にはいえませんが、都市部などには集中して
様々な施設が集まってできた複合施設等が充実している事も
一つの要因になっています。

大きい施設

このような時にこそ、地方の商店街などのあり方を
工夫しなければ、近代的な総合アミューズメント施設等に
大半のお客様が流れてしまうという事態も考えられます。

そこで、地元の商店街では様々な取り組みを通して、また、
【のぼり】などの商材を使った宣伝などで、商店街の活性化に
力を入れています。

商店街の活性化

例えば、100円市などのイベントを取り入れています。
このイベントをアピールするために、広告を出す必要がありますが、
その時に活躍が期待できるアイテムが【のぼり】です。

のぼりに、100円市の宣伝の事を記入しておくと、
道行く人の目に留まり、お客様が増える事が期待できます。

のぼりは風にふかれて揺れているので、その姿も視覚的に
注目できるアイテムになります。